さくらのVPS・初期設定(SSH・ユーザー追加・公開鍵認証・iptables)【さくらのVPS】

VPS

やってきた記録はやっぱり残しておいた方がよい,ということで,初期設定からWordPressをインストール・引っ越しまでの記録を残していきます。

なお,環境としてはLEMP(Linux(CentOS6)・nginx(これがE)・MariaDB・PHP)で行こうかと思います。(この環境のユーザーが意外にいなかったので,記録を残す価値はあるかな,と。(特に初心者向けに))

一般ユーザーの追加

rootユーザーだけでは権限が強すぎて危険なので,一般ユーザーの追加を行ないます。

[root@localhost ~]# useradd [user]
[root@localhost ~]# passwd [user]
Changing password for user [user].
New password: 【パスワード入力】
Retype new password: 【パスワード入力】
passwd: all authentication tokens updated successfully.

一般ユーザーでログインできるか確認しておきます。

SAKURA Internet [Virtual Private Server SERVICE]

[user@localhost ~]$ 

これでOKです。

sudoの設定

sudoが使えるwheelグループに追加します。

[root@localhost ~]# usermod -G wheel [user]

そしてwheelグループがsudoを使えるようにします。

[root@localhost ~]# visudo

編集内容

## Allows members of the 'sys' group to run networking, software,
## service management apps and more.
# %sys ALL = NETWORKING, SOFTWARE, SERVICES, STORAGE, DELEGATING, PROCESSES, LOCATE, DRIVE
RS

## Allows people in group wheel to run all commands
# %wheel        ALL=(ALL)       ALL
→
%wheel        ALL=(ALL)       ALL (コメントアウト削除)

例えばこんなことが出来ます。

[user@localhost ~]$ sudo su -

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.

[sudo] password for user: 【パスワード入力】
[root@localhost ~]# 

公開鍵認証によるSSH接続

RLoginを用いて公開鍵認証によるSSH接続にします。(クライアントソフト選びは永遠の課題)

サーバー接続の編集からプロトコルに行き,認証キーを選択します。

SnapCrab_Server Edit Entry_2016-5-5_19-21-11_No-00

下部にある『新規』の『作成』から認証キーを作成します。名前をつけておいた方がよいかもしれません。

SnapCrab_認証キー_2016-5-5_19-32-25_No-00

パスフレーズを決めて決定です。

SnapCrab_SSH鍵の作成_2016-5-5_19-35-5_No-00

認証キーを保存しておきます。ファイル名は初期値でよいかと思います。

SnapCrab_認証キー_2016-5-5_19-44-55_No-00

公開鍵を手に入れるべく,先程作成した認証キーを選択し,公開鍵へ行きます。

SnapCrab_認証キー_2016-5-5_19-37-40_No-00

 

公開鍵が出るので,これをコピーしておきます。

SnapCrab_Public Key_2016-5-5_19-39-52_No-00

TOPに戻り,秘密鍵を読み込む設定をします。

SnapCrab_Server Edit Entry_2016-5-5_19-48-39_No-00

あとは接続の設定です。

[user@localhost ~]$ mkdir .ssh #.sshフォルダの作成
[user@localhost ~]$ chmod 700 .ssh #.sshフォルダを700設定に
[user@localhost ~]$ cd .ssh #.sshに移動
[user@localhost .ssh]$ vim authorized_keys #公開鍵を作成
[user@localhost .ssh]$ chmod 600 authorized_keys #公開鍵を600に

SSH接続の設定

SSH接続の設定をまとめて行ないます。

[root@localhost ~]# vim /etc/ssh/sshd_config

編集内容

#       $OpenBSD: sshd_config,v 1.80 2008/07/02 02:24:18 djm Exp $

# This is the sshd server system-wide configuration file.  See
# sshd_config(5) for more information.

# This sshd was compiled with PATH=/usr/local/bin:/bin:/usr/bin

# The strategy used for options in the default sshd_config shipped with
# OpenSSH is to specify options with their default value where
# possible, but leave them commented.  Uncommented options change a
# default value.

#Port 22
→
Port [PortNo.] #ポート番号変更。

(中略)

#PermitRootLogin yes
→
PermitRootLogin no #rootログインの不許可

(中略)

PasswordAuthentication yes
→
PasswordAuthentication no #パスワードによるログインの不許可

あとはSSHを再起動しておきましょう。

[root@localhost ~]# /etc/init.d/sshd restart
Stopping sshd:                                             [  OK  ]
Starting sshd:                                             [  OK  ]

最後にポート番号変更してログイン出来るか確認です。(出来なかったらやり直し。)

iptablesの設定

さくらのVPSのやり方でもよいのですが,1行1行入力するのが面倒なので,設定ファイルをいじります。

[root@localhost ~]# sudo vim /etc/sysconfig/iptables
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
:RH-Firewall-1-INPUT - [0:0]

-A INPUT -j RH-Firewall-1-INPUT
-A FORWARD -j RH-Firewall-1-INPUT
-A RH-Firewall-1-INPUT -i lo -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p icmp --icmp-type any -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 50 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p 51 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp --dport 5353 -d 224.0.0.251 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport 631 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

#SSH, HTTP, FTP1, FTP2, MySQL
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport [Port No.] -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 20 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 21 -j ACCEPT
-A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 3306 -j ACCEPT

-A RH-Firewall-1-INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited

COMMIT

最後にiptablesの再起動です。これが表示されたらOKです。

[root@localhost ~]# sudo /etc/rc.d/init.d/iptables restart
iptables: Setting chains to policy ACCEPT: filter          [  OK  ]
iptables: Flushing firewall rules:                         [  OK  ]
iptables: Unloading modules:                               [  OK  ]
iptables: Applying firewall rules:                         [  OK  ]

(おまけ)CentOSの日本語化

これもやっておくといいかもしれません。

[root@localhost ~]# sudo vim /etc/sysconfig/i18n

編集内容

LANG="C"
→
LANG="ja_JP.UTF-8" #日本語・UTF-8に変更

以上です。

参考リンク

http://blog.orangemittoo.net/post/sakuravps_init/
さくらのVPS初期設定[SSH接続設定/ユーザ追加/公開鍵認証/iptables]
2014年も半年が過ぎ、今年の目標のイテレーションを回そうと思ったら 思いのほか何もやっていない感があったので 何かやらねば、と思い、タスク管理がしたかったので Redmine を動かすために 去る7月1日に さくらのVPS を借りてみました。 さくらのVPSを借りる ...
「よく分かる公開鍵認証」~初心者でもよくわかる!VPSによるWebサーバー運用講座(2) | さくらのナレッジ
VPSによるWebサーバー運用講座の連載2回目です。 今回は、安全にsshのログインを行うため「公開鍵認証(こうかいかぎにんしょう」の設定をします。 公開鍵認証は、そのメカニズムが複雑なため、設定する段階で挫折してしまう方が多いようです。ここでは理論はとりあえず置いといて、設定ができることに重点をおき説明します。今まで...
ページが見つかりませんでした – さくらのサポート情報
について。さくらインターネットのサポート情報を掲載しています
はじめてのさくら VPS + CentOS の初期設定からチューニングなどの作業まとめ
今まで共用サーバーしか使ったことがありませんでしたが多くのサービスを作る上で専有サーバーを使ったりさくらのVPS を使ったりできるようになれば行けないと思ったので、丸1日かけて勉強しました。CUI でのサーバー管理は初めてなので、間違っているところがあったら教えてください。この記事では実用としては問題ないサーバーの構築...

コメント

Secured By miniOrange